おどろき 桃の木 ブログの木 ホーム »
最近の記事

スポンサーサイト  

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

category: スポンサー広告

tb: --   cm: --

続・現実頭皮  


今回の内容は、前回の記事を読んでいただけると
更に楽しんでいただけるということで、
もしお時間があればということでリンクを貼っておきます。

前回の「現実頭皮」という記事のリンク

それでは、始めます。

ただ寄せては返す波のように
淡々と現実を受け止めるしかないと思ってたけど、

やっぱりこのままハゲになるのは嫌だ-っ

せめてもう一花咲かせたい。

花咲じいさんになって、
有り余るほどのフサフサの髪の毛を
木に登って、みんなに分け与えるんだ-っ

ということで、半年ほど前から、
ダメ元でAGA対策に取り組んで来ました。

僕のやってるのは、薬を飲むタイプです。

一応、毎月、銀座のクリニックに通って、
薬を処方してもらってます。

自分のおでこ上部に1本だけ残っていた髪の毛を基準点に定め、
ここが攻め取られるか、それとも盛り返して敵陣に攻め込めるか、
僕の中での髪の毛ウォーズが始まったのが、今年の4月。

最初は苦しい戦いを強いられました。
毎日薬を飲んでいるのに、戦況は一進一退。

そして2ヶ月ほど経った頃には、
予想だにしなっかた防戦一方の展開に…

迫り来る「頭頂上げ上げ軍」の猛攻に
基準点で孤軍奮闘する1本の髪の毛が持っていかれそう。

この防衛ラインを突破されれば、
一気に基準点が1㎝上がってしまう。

サッカーみたいに
オフサイドが使えればいいのに
と何度思ったことか…

形勢が逆転し始めたのは、
8月を過ぎ、季節が秋に移り行く頃だったと思います。

頭頂上げ上げ軍との戦いは、
緒戦から一進一退の状況のまま。

ところが、後頭部から援軍がやって来たのです。

アマゾンで手に入れた手鏡で、後ろの方やテッペンを
恐る恐る見てみると、明らかに髪の毛の密度が増している。

なんと我が国の存亡の危機を察した
義勇兵が、続々と我が陣地に援軍に駆け付けてくるではありませんか。

この国はまだ大丈夫。
国を憂う兵士でもない農民達が
自らの命をなげうって、つむじやテッペンの辺りを埋めてくれている。

感動のシーンです。

でも戦いの最中に総大将は涙なんて見せられない。
この戦に勝って、
かつてのフサフサ王国の領土を取り戻すため、
采配に徹するしかないのです。

こんなところで油断してたら、
いつ寝首をかかれてもおかしくない。

フサフサ軍総大将はとは孤独な役回りです。

義勇兵たちと酒宴といきたいところですが、
本当の戦いはこれから…

ハゲなんかに負けてられない。

テッペン取るぞ-っ


現在の戦況は、局地戦で勝利を重ねるも
まだまだ敵陣へ切り込むには至らない状況です。

今後の「髪の毛フサフサ軍」の活躍に乞うご期待ください。


それでは、本日は、この辺で失礼させていただことうと思います。


もし、僕の記事を読んで、
何か感じていただけることがあれば、
「ランキングボタン」か「拍手ボタン」を
クリックしていただけると幸いです。

スポンサーサイト

category: 加齢ネタ

tb: 0   cm: 0

本当に酒を断つことができて良かった。  


このブログ本文の横っちょに
非常にくだらない題名の
「目指せ立川断酒!」とかいうカウンターを設け、

僕の断酒してからの通算日数を細々とカウントしてきたのですが、
ふと気づいてみると、1,348日目…

あと数ヶ月で、一滴も飲まず、4年が過ぎようとしています。

酒に溺れた日々達を取り戻すことなどできない。
痛めつけてしまったカミさんの心を癒すことは容易なことではない。
散財してしまったお金達は、今頃アベノミックス真っ只中。

僕が心の中で断酒を誓った1週間前。

勝手に限界点を設けた失意のどん底の中で、
誰も俺のことなど理解してくれないとひたすらに酒を煽り、
翌朝に反省し、自己嫌悪を繰り返し、
あげくの果てには朝帰りの景色がセピア色に見える始末…

あのときは、あまりの情けなさで、一人涙したこともあった。

セピア色は幻影ではなく、
心の有り様を景色がそういう彩りで見せてくれたのだと思う。

あれから約4年の歳月が流れ、
僕は自信を取り戻し、
失敗から復活することだって可能だというメッセージを
子供達に背中で伝えようと思っている。

本当に酒を断って良かったと思う。

酒を飲むと、ちょっとおかしくなってしまう自分自身を認めることができて良かったと思う。

最初から酒を避けていれば良かったとも思う。
でも、溺れかかったところから、必死に浮き上がろうとうする
そこのところに人生の深みを増すエキスが抽出されるのかもしれない。

まさに復活ドリップ方式。

香り立つ今後の僕の人生の味わいに乞うご期待!
単なる加齢臭じゃ嫌だな。
デキャンタでどうぞ…

そういえば、
北野武さんが映画公開か何かのワイドショーのインタビューで
西島秀俊さんに言っていた。
或いは、北野武さんに言われたことを西島秀俊さんが述懐していた。

いずれにしても、
役者は、酒に溺れるとか女に溺れるとか、
とんでもないところまで落ちぶれて、
ワイドショーにボコボコに叩かれるようなところから
這い上がってこそ演技に深みを増すみたいな話だったと思う。
(趣旨を取り違えていたらすみません。)

まさに僕の復活劇はこれだと思った。

でも、よくよく考えてみたら、
僕は普通のサラリーマンなんです。

これから役者を目指す訳にもいかず、
とても深みとコクのある
いい塩梅のブレンド臭を醸し出す
サラリーマンになれればと思います。

今の僕の目には紅葉が鮮やかに移り、
素晴らしい景色を素直に素晴らしいと思える。

もし、80歳位まで生かせてもらえるなら
あと約14,000日間、一滴も酒を飲まずに人生を終えようと思います。

僕の決意は非常に固く、
だからこそ、心に自信を取り戻せたのだと思います。

それでは、本日は、この辺で失礼させていただことうと思います。


もし、僕の記事を読んで、
何か感じていただけることがあれば、
「ランキングボタン」か「拍手ボタン」を
クリックしていただけると幸いです。

category: 考え、思索、思い…

tb: 0   cm: 0

オリッ苦ス  


9戦全敗…

紛れもない今年の観戦記録です。

シーズン当初は、大型補強で優勝候補と騒がれ、
今年こそは20年ぶりの優勝だと鼻息も荒かったのですが、
シーズンもそろそろ終わりを迎えるところで、
我がいとしのオリックスバッファローズは、
最下位争いの真っ只中です…

今度こそは勝つだろう…
まさか同一カード3連敗はないよね…

そんな淡い期待はことごとく裏切られ、
現在の戦績は、56勝78敗の借金22…

いくら調子が悪いからって、
56回も勝ってるんだから、
そのうちの1回に巡り会えたっていいじゃないか!

まぁ、オリックスは在阪球団で、
僕が住んでるのが東京だから、
応援行くのは、西武ドームか千葉マリンスタジアムだし、

やっぱりアウェイだと応援の関係とかで
負けやすいのは事実だけど、
いったいぜんたいこの結果は何なんだ…

この前の西武戦は、
あまりのふがいなさに、いてもたってもいられず、
途中で球場を後にしました…

選手は1つでも多くの勝ちを狙い
頑張っているのはわかりますが、
プロである以上、どうか勝ってください。

そして僕に気持ちよく、
酔勝歌を歌わせてください。

今年は、何とか楽天との競り合いに勝って
5位をキープしてもらい、
ストーブリーグでいい補強をしてもらい、
来年こそは、優勝争いを演じてもらいたいものです。

小学校2年生の頃、
福本やブーマーに憧れて阪急ファンになって以来、
30数年もファンをやってるから、
良いときも悪いときも知ってます。

今更ファンを止めるわけにはいきません。

残り7試合は全力で5位を死守するために頑張ってください。

新聞におもしろおかしく
オリッ苦スとか書かれてる場合じゃないです。

ぜひオリックスクスと勝利の高笑いを…

そして、今日の先発バリントン。
頑張れバリバリバリントン!
勝って勝利のバリトンだぁー


それでは、本日は、この辺で失礼させていただことうと思います。


もし、僕の記事を読んで、
何か感じていただけることがあれば、
「ランキングボタン」か「拍手ボタン」を
クリックしていただけると幸いです。

category: いとしのオリックス

tb: 0   cm: 0

小川温泉「花和楽の湯」より新年のご挨拶  


「もうこのブログは終わってしまったのではないか」
と思っている方も多いのではないでしょうか。

僕も半分そう思っていました。

しかし年末年始というものは、
人の心に何らかの作用を与え、
心機一転、新たな目標を立てさせたり、
或いは、
「今まで滞っていたことをもう一度やってみよう」
と思わせるもののようです。

ということで、
もう一度、重い腰を上げて
このブログを復活させてみようと思った次第です。

前回更新からいろいろありました。

初の単身赴任。
金曜日に自宅に戻り、日曜の夜に単身赴任先に戻るという往復生活。
平日は慣れない業務に手こずり、単身寮でバタンQ。

しかし、人は徐々に慣れてくるものです。

今の職場のやり方にも少しずつ慣れ、
仕事をこなすスピードも上がり、

最初は寂しさだけだった単身生活にも
少しずつ意味を見出し、

そうこうするうちに
今まで物事を受動し
頭で考えるだけに留まっていた
インプットの数々が
糞詰まりになってきて、

アウトプットの方向へ
アウトプットの方向へ
僕の心を動かしていったのです…


今日は、
健康と家庭を考える日ということで
定時退庁したものの、

単身生活の僕に家庭はなく、
そうであるならば、温泉に行くしかないじゃないかと

少し人里離れた
小川温泉「花和楽の湯」でゆっくりお湯につかった後、
晩飯を食いながら、
久々にブログ更新してみました。

何だか少し作家になったような気分で
悪い気分ではありません。

とはいうものの
久々過ぎる執筆ということで
なかなか筆が乗ってこないので
本日は、この辺で失礼させていただき、
今から岩盤浴にでも行ってこようと思います…


もし、僕の記事を読んで、
何か感じていただけることがあれば、
「ランキングボタン」か「拍手ボタン」を
クリックしていただけると幸いです。

category: その他ネタ

tb: 0   cm: 0

埼玉県行田市から近況報告など…  


前回更新から2ヶ月以上が経ちました。

この間、僕の生活は激変し、
今は埼玉県行田市で単身赴任生活をしています。

2月の終わりだったか、
3月の始めだったか、

僕は人事異動を打診され、
基本はどこへでも行くスタンスなので、
異動内容を了承し、

それからは、
去る職場での後片付けと
後任への引継作業に追われ、

新天地での生活準備に追われ、

送別会やら歓迎会やら、
いつの間にか桜は咲いて散り、

様々な人との別れがあり、
新天地での出会いがあり、

どこか宙に浮いたような落ち着かない心境の中、
新天地の行田での単身赴任生活が始まり、

新天地での生活が約1ヶ月経ったところで、
そろそろブログでも更新しておこうかと、
ようやくそういう気持ちになったところです。

どうやら、忙しすぎると、
心を亡くしてしまうというのは本当のようです…

新しい職場の仕事は、想像以上に忙しく、
当面は遅い帰宅時間の日々が続きそうですが、
たまにはブログでも書いて、
少し自分の気持ちを落ち着かせていこうと思います。

それにしても、
実際にこの2ヶ月を振り返ってみると

いつ別れて、いつ出会い、
いつ旧職場の生活が終わり、
いつ新職場の生活が始まったのか…

当然、カレンダーの日付的な境界線は引けるのだけど、
僕の心の境界線は曖昧なままです。

気付いたときにはもう別れの時であり、
それはもう始まりの時であり、

気付かないときから
実はもう終わりは始まっており、
新たな始まりは次の終わりに向かっており…

実に気持ちの境界線というのは曖昧なものです。

とにかく、少しずつ、一歩ずつ、
今の生活や仕事に慣れ、
気持ちを落ち着かせていこうと思います。

それでは、久々の更新は、この辺で失礼させていただきます。


▼ 追伸

人生初の単身赴任は、結構寂しいものです。

何気なく空気のようにあった家族の存在を
間近に感じられないというのは、
ボディブローで効いてきます。

離れてみて感じる
カミさん・子どものありがたさというところでしょうか…

寂しがってばかりでもしょうがないので、
これを機に週末の家族との絆を大切に、
そして、仕事に目一杯打ち込んでいこうと思います。



もし、僕の記事を読んで、
何か感じていただけることがあれば、
「ランキングボタン」か「拍手ボタン」を
クリックしていただけると幸いです。

category: 節目フシメ

tb: 0   cm: 0

目指せ立川断酒!

プロフィール

♪心に響いた言葉♪

最近の記事+コメント

カテゴライズ

月別アーカイブ

最新トラックバック

▲ Pagetop

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。